Flashでできた惑星時計

天体観測法と位置天文学の入門サイト「Graffias(グラフィアス)」より。
地球の公転周期を基準にしたときの内惑星(水星、金星)の公転運動を再現しています。
但し、円軌道で惑星を公転させています。実際の惑星は楕円軌道に沿って公転していますが、離心率がほぼ0に近いので、ここでは円軌道として公転させても見た目上問題ない範囲だと捉えています。尚、地球の北極方向から見て惑星は反時計回りで公転しているので、この時計が反時計回りで動作しているのは仕様です。

再生ボタンで公転の速さを切り替えできます。
デザインもステキなちょっと変り種。日付と曜日付きです。

惑星時計
ユーザー登録 不要
難易度 超簡単難易度:超簡単
タグの種類 div・JavaScriptとembedから選べます
設置方法 置いてあるコードをブログに貼り付けるだけ
サイト http://www3.plala.or.jp/cielo/graffias/flash1.html
Graffias - 惑星時計
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの声

コメントを投稿する ▼

パスワードを入力しておくと、後で投稿の修正や削除ができます。
 非公開コメントとして投稿する。

トラックバック

FC2ブログユーザー限定トラックバック&記事作成便利リンク